ホーム » Apple修理 » iPhone 7 Plusの画面が割れたの交換

iPhone 7 Plusの画面が割れたの交換

  • 桜 つばき
iPhone 7 / 7 Plusの画面が割れたの交換

前書き

確かに、iPhone 7/7 Plusの画面はとても美しいですが、落としたり壊したりすると、ガラスの美しさが損なわれます。一部の中断は他の中断よりも深刻ですが、画面を完全に割れた場合は、画面の修復が必要になる場合があります。

最新のiPhone画面は、LCDやガラス画面以上のものです。複数の異なるコンポーネントを1つに組み合わせています。デジタイザーは指のタッチや動きを読み取ります。LCDにはすべての画像、ビデオ、その他の視覚情報が表示され、ガラススクリーンは電話の内部コンポーネントを保護するのに役立ちます。したがって、ガラスを割ったり、黒い画面にぶつかったり、タッチで電話を操作できない場合でも、電話を正常に動作させるには、画面全体を交換する必要があります。画面を壊すと、iPhoneの防水性能も損なわれます。水の近くに置くことに慣れている場合は、機器を修理する必要があります。

この記事では、iPhone 7Plusの画面が割れたを交換する方法について説明します。このアセンブリには、フロントパネルアセンブリ、イヤピーススピーカー、電磁波シールドがすでに取り付けられているため、メンテナンスがより便利になります。

古い画面を置き換えて、古い画面のホームボタンを新しい画面に転送するだけで、TouchIDが正常に動作するようになります。

iPhone 7 Plusの画面の交換ツール:

  • ピンセット
  • ドライバー
  • 画面を開くツール
  • クロウバー
  • 吸盤
  • ピック
  • ペンタスクリュードライバー

ステップ1:五角形のトルクスネジ

iPhone 7 / 7 Plusの画面が割れた

始める前に、iPhoneのバッテリーを25%以下に放電してください。誤ってパンクした場合、充電されたリチウムイオンバッテリーが発火したり爆発したりする可能性があります。

分解を始める前に、iPhoneの電源を切ってください。

iPhoneの下端にある2本の3.4mmペンタネジを取り外します。

iPhoneのディスプレイを開くと、防水シールが損傷します。 交換用シールを準備してこの手順を続行する前に、シールを交換せずにiPhoneを再インストールする場合は、液体が接触しないように注意する必要があります。

ステップ2:ディスプレイにテープを貼る

画面が割れたの交換
iPhone 7 Plusの画面
iPhone 7の画面が割れた

ディスプレイガラスが割れたら、ディスプレイにガラスを貼って、破裂を防止してください。修理中に人身傷害を防止してください。

iPhoneのディスプレイは、顔全体を覆うまで透明な包装テープで覆われています。

ディスプレイをこじ開けて持ち上げた時、これはガラスの破片を保持し、構造の完全性を提供します。

安全メガネをかけて、修理中のガラスの揺れから目を保護します。

ガラスが割れて、次のステップで吸盤がくっつきにくくなったら、丈夫なテープ(例えばテープ)を柄に折りたたみ、ディスプレイを持ち上げてみてください。

ステップ3:開放手順

iPhoneの下側の端を加熱すると、ディスプレイを確保する接着剤を柔らかくするのに役立ちます。

ヘアドライヤーを使用するか、iOpenerを準備し、下の接着剤を柔らかくするために約1分のためのiPhoneの下側に適用します。

ステップ4:

吸引カップ

ホームボタンのすぐ上に、フロントパネルの下半分に吸引カップを適用します。

吸着カップとフロントガラスの間にシールができないように、吸盤がホームボタンと重ならないようにしてください。

あなたのディスプレイがひどくひびが入っているならば、透明なパッキングテープの層でそれをカバーすることは吸引カップが付着するのを許すかもしれません。また、吸引カップの代わりに非常に強いテープを用いてもよい。他のすべてが失敗した場合は、壊れた画面に吸引カップを超接着することができます。

ステップ5:

iPhone 7 7 Plus交換
iPhone 7 画面交換

しっかりと一定の圧力で吸盤を引き上げて、フロントパネルとリアケースの間にわずかな隙間を作ります。

スパッジャーの平らな端を隙間に挿入します。

ディスプレイを所定の位置に保持する防水接着剤は非常に強力です。 この初期ギャップを作成するには、かなりの力が必要です。 隙間を開けるのが難しい場合は、画面を上下に揺らして接着剤を弱くし、中にスパッジャーが収まるようにします。

吸盤を引き上げながら、スパッジャーをひねってスクリーンとリアケースの隙間を広げます。

ステップ 6:

スパッジャー

スパッジャーの平らな端を、iPhoneの左下のフロントパネルとバックカバーの間に挿入します。

電話の下端から始めて、スパッジャーを電話の左端までスライドさせ、音量調節ボタンとミュートスイッチに向かって動かします。これにより、ディスプレイを固定している接着剤が壊れます。

モニターの上端を裏表紙からこじ開けようとしないでください。プラスチック製のクリップで固定されている可能性があります。

ステップ 7:

  • 電話機の左側からスパッジャーを取り外し、平らな端を右下隅に挿入します。
  • スパッジャーを電話の右端から上隅までスライドさせ、ディスプレイを固定している接着剤をはがします。

ステップ 8:

iPhone 7 画面吸盤

吸盤を引き上げてディスプレイを持ち上げ、iPhoneを開きます。

ディスプレイをロジックボードに接続するデバイスの右端に沿って繊細なリボンケーブルがあるため、ディスプレイを10度以上持ち上げないでください。

ステップ 9:

吸盤の小さなこぶを引き上げて、フロントパネルから取り外します。

ステップ 10:

iphoneの上端に沿ってディスプレイの下にある開口部のピックをスライドさせて、最後の接着剤を緩めます。

ステップ 11:

iphone 背面ケース
iphone 7 Plusの画面ケース

ディスプレイアセンブリをiphoneの上端から少し引き離して、背面ケースに固定しているクリップを外します。

本の裏表紙のように、ディスプレイを左側から上に振ってiPhoneを開きます。

いくつかの壊れやすいリボンケーブルがまだiPhoneのロジックボードに接続しているので、まだディスプレイを完全に分離しようとしないでください。

ステップ 12 バッテリーの切断:

iPhone 7 Plusバッテリー

下部ディスプレイケーブルブラケットをロジックボードに固定している次の4本の3点Y000ネジを取り外します。

3本の1.2mmネジ

2.6mmネジ1本

ステップ 13:

ディスプレイケーブルブラケット

下部ディスプレイケーブルブラケットを取り外します。

ステップ 14:

iphone ロジックボード

スパッジャーの先端を使用して、ロジックボードのソケットからバッテリーコネクタを持ち上げます。

コネクタケーブルを少し上に曲げて、ソケットに接触して電話に電力が供給されないようにします。

ステップ 15 ディスプレイアセンブリ:

ディスプレイアセンブリ

この手順でケーブルを切断または再接続する前に、バッテリーが切断されていることを確認してください。

スパッジャーまたは指の爪の平らな端を使用して、ロジックボードのソケットからまっすぐ上に2つのディスプレイコネクタをこじ開けて取り外します。

プレスコネクタを再度取り付けるには、カチッと所定の位置に収まるまで一方の端を押し下げてから、もう一方の端で繰り返します。 真ん中を押し下げないでください。 コネクタの位置が少しでもずれていると、コネクタが曲がって永久的な損傷を引き起こす可能性があります。

空白の画面、ディスプレイに白い線がある場合、または電話を再組み立てした後にタッチ応答が部分的または完全に欠如している場合は、これらのケーブルの両方を取り外して慎重に再接続し、完全に装着されていることを確認してください。

ステップ 16:

iPhone 7 Plusの画面が割れた

フロントパネルセンサーアセンブリコネクタにブラケットを固定している3本の3点Y000ネジを取り外します。

1.3mmネジ1本

1.0mmネジ2本

ブラケットを取り外します。

ステップ 17:

iPhone 7 画面割れた交換

フロントパネルセンサーアセンブリコネクタをロジックボードのソケットから外します。

このプレスコネクタも、曲がるリスクを最小限に抑えるために、一度に一方の端を再接続する必要があります。

ステップ 18:

iphone ディスプレイアセンブリ
  • ディスプレイアセンブリを取り外します。

ステップ 19 ホーム/Touch IDセンサー:

ホーム/Touch ID

ブラケットをホーム/ Touch IDセンサーに固定している4本のY000ネジを外します。

1.1mmネジ1本

1.3mmネジ3本

再組み立て中は、これらのネジを締めすぎないように注意してください。締めすぎると、ホームボタンが機能しない場合があります。

ステップ 20:

 Touch IDセンサー
  • ホーム/ Touch IDセンサーを固定しているブラケットを取り外します。

ステップ 21:

iphone 7  ホームボタンケーブルコネクタ

ホームボタンケーブルコネクタの左端の下をこじ開けて、ソケットから外します。

コネクタ全体が分離せずに跳ね上がり始めた場合は、コネクタの左端をこじ開けると同時に、コネクタの上端にあるケーブルをスパッジャーのフラットで押し下げます。ケーブルやコネクタを損傷しないように十分注意してください。損傷しないと、センサーが完全に無効になります。

ステップ 22:

iphone 7 plus TouchIDケーブル

下にあるコネクタを注意深くこじ開けて、ホーム/ TouchIDケーブルの邪魔にならない場所に移動します。

このステップでiPhoneを損傷するのは非常に簡単です。 ゆっくりと作業し、ツールでこじ開ける場所に注意してください。 Touch IDハードウェアを損傷した場合、交換できるのはAppleのみです。

コネクタがこじ開けにくい場合は、ヘアドライヤーまたはiOpenerを使用して、コネクタを固定している接着剤を加熱して柔らかくしてから、もう一度お試しください。

コネクタを完全に取り外そうとしないでください。下にあるホーム/ Touch IDセンサーケーブルを取り外せるように、コネクタを少し上に向けるだけです。

ステップ 23:

  • ホーム/ Touch IDセンサーの周囲を加熱すると、繊細なケーブルを固定している接着剤が柔らかくなり、安全に取り外すのが簡単になります。
  • ディスプレイアセンブリを裏返します。 下の接着剤を柔らかくするために、ヘアドライヤーを使用するか、iOpenerを準備し、ディスプレイの下端に約90秒間適用します。

ステップ 24:

ディスプレイパネルの背面
  • オープニングピックを使用して、ホーム/ Touch IDセンサーケーブルをディスプレイパネルの背面に固定している接着剤を静かに分離します。

ステップ 25:

iPhone 7 Plusの画面が割れた

ホーム/ Touch IDセンサーアセンブリをディスプレイの前面から持ち上げて取り外します。

再度取り付けるには、まずケーブルをディスプレイ前面の穴に通します。

交換部品には、ホームボタンの右側にすでに取り付けられている追加のY000ネジが付属している場合があります。ホームボタンブラケットを再び取り付けることができるように、不要なネジを取り外します。

iPhone 7 Plusの画面が割れたの交換 結論

新しい交換部品を元の部品と比較します。取り付ける前に、残りのコンポーネントを移すか、新しい部品から粘着性の裏当てを取り除く必要がある場合があります。
デバイスを再組み立てするには、上記の手順を逆の順序で実行します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です