ホーム » Apple修理 » iPhoneの通話音量が小さい、どうやって解決しますか?

iPhoneの通話音量が小さい、どうやって解決しますか?

  • 桜太
iphoneの通話音量が小さい

電話をかけることと受けることは、携帯電話の基本的な機能の一つですが、iPhoneを使っているときに、通話の量が小さいと感じることが多い場合や、相手の声が聞こえない場合は、以下の方法を参考にしてチェックして解決してみましょう。

iphoneの通話の声が聞こえない場合、爆裂音や静電気騒音が聞こえる場合、または音質の問題が発生した場合は、次のようにしてください。

1.キーを押して通話音量を調整します。一部のユーザーはうっかり音量を小さくしてしまったかもしれませんが、通話音が小さい場合は調整を試してみることができます。

また、[設定]-[サウンド]-[設定]-[サウンドとタッチ])に移動し、[ベルとアラーム]スライダを何度もドラッグ&ドロップすることもできます。サウンドが聞こえない場合や、[ベルとアラーム]スライダのスピーカボタンが灰色に表示されている場合は、スピーカーの点検が必要になる可能性があります。

2.機器にベル/ミュートスイッチがある場合は、このスイッチを何度か繰り返して、通話音量が変化しているかどうかを確認してください。

3.受話器とスピーカーを清掃する

iPhoneを長く使うと、通話のラッパの穴にほこりが詰まっている可能性があり、通話時の音量に影響します。そのため、ほこりや汚れがないかチェックしてください。必要に応じて、柔らかいブラシでスピーカや受話器の開口部をきれいにしてください。ブラシが清潔で乾燥していることを確認します。

デバイス上のすべてのスクリーン保護シール、保護フィルム、または保護シェルを取り外します。

4.音が聞こえるが、音がはっきりしない場合は、iPhoneを使って電話をかけてフリーダイヤルを開けてみてください。まだ音が聞こえない場合や、静電気音や爆裂音が聞こえる場合は、ネットワークや受信に問題がある可能性があります。後で電話をかけ直したり、場所を変えて電話をかけ直したりしてください。

5.Bluetooth機能をオフにし、再度オンにします

Bluetoothイヤホンを使用している場合や、車のオーディオシステムに接続している場合、通話音が正常でない場合は、Bluetooth接続エラーによる可能性があります。Bluetooth機能をオフにしてから開けてみてください。また、もう一度ペアリングしてもいいです。

iphone 通話音量 聞こえない

6.スクリーン保護シールまたは保護シェルの問題がないかどうかを確認します。

最近、iPhoneに新しい保護フィルムを貼ったり、携帯電話の保護ケースを備えたりしているかどうかに注意してください。これらの部品はiPhoneの通話音に影響を与える可能性があります。

7.デバイスの再起動:

たまたまシステムBUGが発生すると音の問題が発生する可能性がありますので、一度携帯電話を再起動して改善があるかどうかを確認してみてください。

8.iPhoneシステムのアップグレード:

iphoneの通話の量が小さい問題に遭遇した場合、iOSシステムバージョンの小さなエラーでもある可能性があります。アップルがこの状況を発見した場合、通常は短時間で新しいバージョンをリリースして修復します。そのため、まずデバイスを最新の正式版システムに更新してみることができます。

iPhoneの通話中に通話の声が聞こえない場合:

上記の手順に加えて、マイクを確認してください。

通話中に電話の声が聞こえなかったり聞こえなかったりした場合は、「音声メモ」アプリを開きます。「録画」ボタンを軽く押して、携帯電話の底に向かって話し、録音を停止します。録画したメモを再生すると、自分の声がはっきり聞こえるはずです。

フリーダイヤルの場合、「カメラ」アプリを開き、ビデオを録画するとき、iPhoneの上部に向かって話をします。[カメラセレクタ]を軽くして別のカメラに切り替えます。別のビデオを録画するとき、iPhoneの上部に向かって話します。録画したビデオを再生すると、自分の声がはっきり聞こえるはずです。

上記のテストを行った後、自分の声が聞こえない場合や、上記の方法で問題が解決できない場合は、公式アフターサービスに連絡して点検する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です