ホーム » Apple修理 » iPhone 8 リアガラス修理-ソリューション

iPhone 8 リアガラス修理-ソリューション

  • 桜 つばき
iPhone 8 リアガラス修理

地面に落ちた後、iPhone 8のリアガラスにひびが入り、iPhoneが見苦しくなったことがありますか? 壊れやすいリアガラスは修理が非常に難しいと長い間報告されており、ワイヤレス充電、埋め込みカメラ、頑固な接着剤の新しいデザインにより、予想よりも多くのお金を費やす可能性があります。修理を開始する方法がわかりませんか? 落ち込んではいけません。PCiPhoneでは、iPhone 8 およびiPhone X のリアガラスの修理用の新しいクイックソリューションを紹介します。

1、分解する

ディスプレイアセンブリを取り外します。ネジ、リアカメラ、ロジックボード、スピーカー、バイブレーションを緩め、バッテリーを取り外し、フレキシブルケーブルを充電ポートから外します。加熱してワイヤレス充電コイルをヒートガンから取り外し、電源スイッチボリュームフレキシブルケーブルを外します。

2、iPhone 8 リアガラス 修理

超音波クリーナーの容器に適切な分散剤を注ぎ、次にリアガラスを容器に浸し、蓋を閉じます。超音波クリーナーの時間を30m、温度を60℃に設定します。

30分後、背面ガラスを取り外します。 壊れたリアガラスをミドルフレームから分離します。壊れたリアガラスが手を痛める場合は、ワークベンチを掃除し、分離プロセス中に注意してください。

ブレードを使用して中央フレームの接着剤の残留物を取り除き、洗剤で洗浄します。この時点で、背面ガラスの分離は完了です。

中央のフレームに接着剤を塗り、均等に広げます。その後、リアカメラを正しい位置に合わせ、圧力をかけてリアガラスをミドルフレームにしっかりと固定します。終了後、残りの接着剤をきれいにします。

iPhoneを組み立ててテストすると、ワイヤレス充電によってiPhoneは正常に動作します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です