ホーム » Apple修理 » iPhone 6 S/7/SEテストiOS15バッテリー動作時間は?

iPhone 6 S/7/SEテストiOS15バッテリー動作時間は?

  • 桜太
iOS15バッテリー

先日のアップル開発者大会では、アップルが慣例としてiOS15のオペレーティングシステムを発表し、正式版は今秋にiPhone 13シリーズの発表会で正式に発表されます。しかし、iOS 15の初回テスト版が正式に発売されました。多くの開発者が事前に使用できます。特に、アップルは今年、旧iPhone 6 Sなどのクラシックモデルを淘汰していません。iOS15 新機能をサポートしています。つまり、これらの古い機種はまだ一年間使えます。これらの古い機種はiOS15のテスト版をアップグレードした後、バッテリーの航続性能はどうですか?次に、iPhone 6 S、iPhone 7、新しいiPhone SEアップグレードiOS15バッテリーの航続状況をテストします。

iOS14.6バッテリーの航続状況
テストiOS14.6バッテリーの航続

今回はiPhone 6 S、iPhone 7、新iPhone 3機種について調整し、まずiOS 14.6の航続性能をテストし、スクリーンの明るさを25%に設定します。その後、ある電池の航続ソフトウェアを実行します。テスト過程を通して、iPhone 6 S iOS14.6バッテリーの航続時間は1時間49分です。しかし、iPhone 7とiPhone 7の残量は少ないですが、表現は悪くないです。それぞれ47%と64%の電気量が残っています。

航続時間

テスト結果と走点から見られます。iPhone 6 Sの航続時間は1時間49分で、1090点です。iPhone 7の航続時間は3時間28分で、走点は2071です。新しいiPhone SEの航続時間は3時間42分で、走点は2214分です。これは3機種のテストiOS 14.6の正式版の表現です。

テストiOS15バッテリー
テストiOS15バッテリー

また、iOS15バッテリーの性能を比較すると、iPhone 6Sは1時間53分で全量を使い果たし、この時のiPhone 7の残量は49%で、新iPhoneの残量は51%です。iOS14.6と比べて、iPhone 6S電池の航続がやや向上しましたが、最終的なコントラストはどうなりますか?

テスト版のバッテリーの航続時間

iPhone 6SのiOS15テスト版のバッテリーの航続時間は1時間53分で、走点は1130、iPhone 7の航続時間は3時間38分で、走点は2169、新iPhoneの航続時間は3時間41分で、走点は2202です。上記の走点は主に電池の性能をテストします。

iPhoneの電池

それに比べて、iPhone 6 SはiOS 15にアップグレードされた後、iOS15バッテリーの持続時間はやや高くなり、バッテリーの性能も明らかに向上しました。iPhone 7がiOS 15にアップグレードされた後、iOS 14.6よりも航続時間が約10分間上昇しました。新しいiPhone SEは意外にもアップグレード後、iOS 14.6よりも航続時間が1分間も低下しました。

昨年発売された新しいiPhoneの電池の性能が低下し、バッテリーの航続時間が少なくなったことが明らかになった。この携帯は当時の最強のA 13プロセッサを搭載していますが、バッテリー容量はiPhone 8とほぼ同じですが、最終的な航続時間はiPhone 7に及ばないです。がっかりして失望しましたが、新しいiPhoneは今の価格性能比が一番高いアップルの携帯です。買う価値があります。

関連スガイド:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です