ホーム » Apple修理 » 2021年新しいiPhoneに指紋ロックが追加可能性、iPhone 12 sと命名される可能

2021年新しいiPhoneに指紋ロックが追加可能性、iPhone 12 sと命名される可能

  • 桜太
iPhone 12s指紋ロック解除

時間が経つにつれて、次世代のiPhoneの発売時期が近づいてきています。

慣例としては、新シリーズは「iPhone 13」と名づけられますが、海外の文化の中では「13」という数字を嫌うものもあり、iPhone 13の命名は多くの人に排斥されています。

現在の最新情報によると、新機の発表時期は9月14日(火)となる見込みで、4機種も発売されている。

今日のメッセージは、AppleがiPhone 12Sシリーズの画面指紋識別技術を導入すると予想されることを言及する価値があり、iPhoneのロック解除経験を強化するためのface IDと存在することです。

iPhone 12 sは、Face IDとスクリーン指紋を同時にサポートする可能性がある。

新しいiPhone 12s指紋ロック解除

現在のCOVID-19は長い間マスクを着用する必要がありますが、マスク付きの顔認識はiPhoneの使用体験に大きな影響を与えています。Appleは世界のユーザーからの非難に直面しています。Appleは今年のiPhoneの指紋識別に努めます。

スクリーンの指紋以外にも、iPhone 12 sはトップエリアの面積を縮小しています。アップルが4年ぶりに前髪に手を出すことで、スクリーンシェアを向上させ、正面の視覚体験を向上させます。

また、サプライチェーンも基本的に決まっており、iPhone 12 s Proシリーズにはサムスンが提供するLTCPO画面が搭載されており、この技術はより高いリフレッシュ率をサポートし、画面の消費電力を大幅に低減し、120 Hzの高いリフレッシュ率をサポートしています。

性能面では、iPhone 12 SはアップルA 15のプロセッサをアップグレードし、台積電の第二世代5 nmプロセスを採用し、性能がより強いだけでなく、さらに電力消費を低減し、5 G iPhoneの航続性能を改善する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です