iOS 15の重要な機能iPhone紛失防止

「探す」はiPhoneの重要な機能であり、アップルのデバイスとペアの部品の位置をいつでも特定することができ、iOS 15ではこの機能がさらに最適化されています。

「iPhoneを探す」を設定します。

ユーザーはiPhone設定-APple ID-を検索し、その設定画面に入ることができます。

iOS 15 iPhone紛失防止
iphone紛失防止

デバイスの場所を特定する場合は、「探す」アプリで探せるアイテム機能がオンになっていることを確認し、Apple IDアカウントとパスワードを覚え、正常に使用できる電話番号をバインドしてください。この設定をオンにすると、探す]ネットワークをオンにし、最後の場所オプションを送信することもできます。

1.「探す」をオンにすると、ユーザーはこのiPhoneとサポートされている部品を位置決め、ロック、または消去することができ、パスワードを入力していない場合、消去および再アクティブ化することはできません。

2.「最後の位置を送信」をオンにすると、デバイスのバッテリーが臨界レベルに消費されると、自動的にアップルにこのiPhoneの位置情報を送信し、ユーザーに提供します。

3.「探す」ネットワーク・オプションをオンにすることを推奨します。これまで、iPhoneがシャットダウンした場合、検索機能は携帯電話のシャットダウン前の最後の位置にしか位置しなかった。あるいはリモートでiPhoneを消去すると、システムはiPhoneの位置を特定できません。現在、iOS 15システムを更新したiPhone 11シリーズまたは更新機種であれば。検索ネットワークをオンにすると、デバイスがオフライン、省電力モード、シャットダウン状態、または消去状態であっても、このiPhoneを位置決めすることができます。

iphone紛失防止可能性がある場合や、携帯電話や部品がどこに置いてあるか見つからない場合にタイムリーに位置決めできるように、今すぐこれらの設定を開くことをお勧めします。

iPhoneの位置決めが必要な場合:

1.Apple Watchがあり、すでに時計とiPhoneをペアにしているユーザーは、時計の画面をスライドさせ、音波のついたiPhoneアイコンをクリックすることで、iPhoneが自動的に音を出して、探すことができます。iPhoneが静音状態であっても、正常に音を出すことができます。

Apple Watch位置決め

2.iPadやMacBookがあれば、デバイスが持っている「探す」機能を利用して、iPhoneを簡単に見つけることができます(同じApple IDでログインする必要があります):iPadやMacBookの検索アプリケーションを開き、デバイスをクリックすると現在のiPhoneやサポート部品の位置を見ることができます。iphone紛失防止 位置は地図に表示され、デバイス名の下に位置名、距離、時間が表示されます。

3.他のアップルのデバイスがなければ、身近にインターネットができるデバイスがあれば、Apple IDを使ってiCloudアップルの公式サイトにログインし、サイト上の「探す」機能を通じてiPhoneなどのデバイスの位置を特定することができます。

iCloudページにログインしたら、「探す」をクリックし、地図上の「すべてのデバイス」で位置を表示するデバイスを選択します。デバイスオプションの横にある「i」アイコンをクリックすると、「音声再生」または「iPhone消去」を選択して操作できます。「紛失モード」をクリックしてiPhoneをロックし、デバイスが盗まれないようにすることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。