ホーム » Apple修理 » マスクはどうやってFace IDでiPhoneをロックしますか?

マスクはどうやってFace IDでiPhoneをロックしますか?

  • 桜太
Face IDでiPhoneをロック

ただ3つのステップが必要で、1分間の時間がかかります。つまりマスクをしてiPhoneのロックを解除できます。この方法は、Face IDの鏡像整合特性を利用して、異なる半面面面をテンプレートとして入力することに相当し、マスクを装着しても外してもロック解除に成功します。

設定方法は以下の通り:

第一歩:マスクを一つ取って、左右の半分を折って顔を隠します。マスクを持って半面を隠したり、耳ひもを重ねて片側の耳にかけることができます。

ヒント:

1.マスクはできるだけ顔に密着し、目立ったしわが出ないようにしてください。
2.マスクの上角は鼻先の半分をさえぎる必要があります。
3.耳を掛ける方式を採用すれば、顔の形が大きいか耳が後ろにあるかによってマスクの形が変わってきます。マスクを持って顔の半分を隠すことができます。

第二ステップ:半面状態を維持し、Face IDを設定する。

ヒント:

1.携帯電話に顔が隠れているという提示があれば、画面を見ながら徐々に引っ張りを減らすことができます。顔の入力をトリガする円形の撮影画面まで。
2.マスクをわざと顔の中のラインをまたいで、過剰に遮蔽することができます。上記の方法で徐々に遮蔽を減らし、臨界点を見つけて、臨界点の状態で入力した顔のロック解除の成功率が一番高いです。

第三ステップ:顔入力の画面を触発した後、マスクと顔の相対位置を変えずに、頭を回転させて顔に入力したり、頭を動かさないで、携帯電話を頭の周りに回してください。

上記の設定が完了したら、マスクを着用して取り外すには、iphoneのロックを解除できます。

さらに、テストマスクはすべてのマスクタイプを市場でカバーできないので、各面の故障のある故障可能性がある。

Q:ロック解除が成功しなかったり、成功率が高くない場合はどうすればいいですか?

A:第一歩、第二ステップは厳密に説明に従って操作します。マスクをする時、鼻のところの金属の糸を調整して、マスクを鼻筋にくっつけさせます。マスクは高すぎてはいけません。また、第三段階の顔入力が完了したら、入力時の半面姿勢を変えずに、二、三回の携帯電話のロックを解除し、マスクの遮蔽面積を増やしてから二、三回のロックを解除することもできます。

Q:この方法はiPhoneだけで使えますか?アンドロイドでいいですか?

A:アンドロイド携帯は普通、顔と指紋のロック解除機能を同時に備えています。指紋を使えばいいです。

Q:この方法は安全ですか?携帯をなくした後、他の人がマスクをしてロックを解除できますか?

A:技術的に見ると、鼻以上の部分の顔の特徴空間はまだ十分に豊富で、マスクをしても、鼻部の一部の3 D輪郭情報はFace IDで使用できます。他の人は自由にロックを解除することができません。しかし、それは疫病の際に臨時的に使える方法ではないと思いますが、この方法を使って発生する可能性がある状況を保証することはできません。

Q:マスクではなく半面を白い紙で隠して入力してもいいですか?

A:操作の成功率が低いです。紙のFace IDに使用される赤外線の反射率はマスクの布地と違っており、紙の変形が起こりやすいからです。さらに、このような方法は、Face IDが遮蔽された部分の3 D特徴の全てを失うことになり、より安全性がより大幅に低減される。

Q:マスクで入力して、もう一つのマスクをかけたらロックが解除されますか?

A:マスクの材質があまり違っていない限り、マスクをまたいでロックを解除できます。

関連スガイド:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です