ホーム » Apple修理 » iPhoneやiPadを長時間充電して抜かないとどんな影響がありますか?

iPhoneやiPadを長時間充電して抜かないとどんな影響がありますか?

  • 桜太
iPhoneやiPadを長時間充電

iPadとiPhoneは携帯機器に属し、通常は1回の充電で一日中十分です。しかし、iPadやiPhoneが電源に長時間接続されている場合があります。例えば、一部のiPadユーザーは、いつでも使いやすいように、iPadの充電を忘れてしまうのではないかと心配して、機器を長時間電源に接続して抜かないことがあります。これは、機器やバッテリーに影響を与えるのではないでしょうか。

Appleの公式サポート文書によると、iPadとiPhoneは充電可能なリチウムイオン電池を採用し、電池の寿命中に充電と放電を繰り返すことができるという。バッテリーが長時間満充電状態になると、バッテリーの健康に影響を与えることは確かです。

iPhone長時間充電影響

しかし、この場合、アップルはシステムに充電管理機能を提供していると公式に明らかにした。iPhoneとiPadは、デバイスがディスプレイまたは販売ポイントシステムに使用される場合など、電源に長時間接続しなければならない場合があるため、この機能はデバイスのバッテリーの健康を維持するのに役立ちます。

なお、充電管理機能は、iOS 11.3以降のiPadと、iOS 12以降のiPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRの機種で提供されている。これは初期のドキュメントであるため、アップルの公式は現在、後続のiPhone機種にもこの機能があるかどうかについては言及していないが、設備の更新に伴い、機能は継続されるべきだ。

この機能は、これらのデバイスが上記の充電状況で使用されているかどうかを監視し、必要に応じてバッテリの最大容量を低減します。バッテリインジケータには、調整後の最大容量に応じて電力量のパーセントが表示されます。iPadまたはiPhoneが電源に長時間接続されなくなり、バッテリの健康が許容される場合、バッテリの最大容量は調整前のレベルに戻ります。

つまり、上記の状況に該当する場合、デバイスを長時間充電すると、バッテリの最大容量が低下する可能性があります。デバイスが長時間電源に接続されなくなると、バッテリの最大容量は正常に戻ります。

だからみんな心配しないでください。一時的に機器を電源から抜くのを忘れても大きな影響はありません。さらに、既存機種に対しては、iPhoneやiPad自体が充電されても充電を停止し、充電保護にもなります。

とにかく、充電に伴うのが一番の充電習慣です。正常に使用している場合でも、デバイスを長時間電源に接続する必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。